FC2ブログ
自分の中の両極を、自分の中のけだものを。 制御し飼い馴らす方法を探す旅。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hallelujah








いつまで。


…いつまで俺、れんちゃんの2ばんでおったらええん?


突然、背後から声がして
振り向くと

森さんが泣いていた。
いつもみたいに、左手で無造作にバイオリンのネックを握りしめ、右手に丸めた楽譜。



耳に自分の鼓動が響く。
え、いきなり、なに?
なんで?

1ばんに、なられへんねやったら、もう俺を解放してくれや…


鼓動が早くなる。
耳の中、が、ガンガンうるさい。
待って。
待ってくれ。
なんでそうなるんだよ。
2ばんってなに。
解放ってなに。

嘘やろ?
俺、森さんのこと、縛ってない、順番つけたりしてない。
…してないつもりだ。
解放って?
俺が森さんを泣かしてるの?
解放って?
もう、会えないの?
なんで?





森さん。


泣かないでよ。














…目覚めは最悪だった。











森さんは鼻歌混じりでペグを調整しながらチューニングに余念ない。
鼻歌がVIVA BROTHERSなとこがまたなんとも。
「今日はなにしよ~かなあ」
いつもと変わらずテンションやや高め気分上々。
よもや俺の夢の中であんなセリフを吐いたとは思うまい。

「午前中からうかない顔ですな」
「…夢見が悪くて」
「エロ?グロ?」
うーん。どちらかといえばグロ?(笑)
有り体に夢の話をすると森さんが爆笑した。
「笑うとこちゃいますよ」
「いやいや…笑えるって…」

予想外の反応に面食らったことには気づかれなかったと思う。
そんなにおかしい夢だったろうか。
夢とはいえ、俺はかなりショックだったし、だからこそ本人に話した。妙にリアルな夢は現実に起こりそうな不安を常に孕む。
当事者に話すことで気分的予防線になることは実証済みだ。



森さんはまだ笑っている。



「笑える…」

森さんが、はあ、と一息ついて、ようやく笑いを止めて俺を見た。
目が笑っている。

「アホな夢や」
「そないゆわんといて下さいって…俺結構ショックやったんやから」
「俺が2ばん?アホなことゆうな」

え?



「俺は1番のはずやけど?」


森さんが、ニヤリと笑った。
チューニングの終わったバイオリンを無造作に掴むと自然な動きで構え、

「そやんな?」

と笑い、


独特の呼吸で滑り出す音律。




水上の音楽、アンダンティーノ。
素朴で軽快、どちらかというと牧歌的なフレーズが、またも森アレンジでまったく違う雰囲気を帯びる。
音符1個ずつが、まるで水をたっぷり含んだ水風船のようだ。
震え、潤い、今にも割れそうな緊張感と期待感を高める。
容赦なく甘美なメロディを弾き出す水の珠…

A主題を静かに終わらせると、森さんが、またニヤリと笑った。

「な?」



確かに。
確かに俺の何かをこんなに掴む音楽は森さんにしか奏でられない。

「なにが、な、ですか…ヘンデル草葉の陰で泣いてますよ」
「泣かせとけ。音楽は流動していくもんや。作り手を超えて進化するもんやろ」


流動し、進化する。






ゆく音楽の流れは絶えずして、しかも同じ音楽に非ず…







再度、アンダンティーノ。

いや。

アンダンティーノにラルゴが混じりこんだ。

同じヘンデルの手になるクセルクセスの中の一曲。
俺が初めてこの曲を聞いたのはキャスリーン・バトルの歌う『オンブラマイフ』だった。

「れんちゃん、ほら、来て」
弓を止めずに森さんが言った。



音同士が溶け合うこの感覚。
いったいどこが揺さぶられてこんなに美しく感じるのだろう。
鳥肌がたって、体の芯が痺れる。

そう。
確かに。
あなたは正しい。





プロ並みの演奏技術があるわけではない。
誰かに聴いて欲しいと切望するわけではない。

ただ、自分のために。
自分と、そして今は俺のためだけに。

自分の中に「湧く」音楽をただ溢れるままに「垂れ流し」ているのだ。




あなたに代わるものはどこにもない。
俺を認め俺を震わせ俺を奏で俺を赦す。


森さん、あなたは正しい。





リフレインを豊潤に歌い、ritをたっぷりとって、精密に丁寧に細心の注意を払って最後のGをpppで。
さらにクレッシェンド、デクレッシェンド。


静かに、こだまのように消えていく音。




しばし、静謐。







「どないやヘンデル」


森さんが呟いた。





ヘンデルはどうか知らないが、少なくとも俺は。




「確かに、あんたに変わる人がいないという意味では1番ですね」






「素直ちゃうなあ…正直に言えや、森さん大好きって」





死ね(笑)








っつか
そんなことうっかり口にして
それがコンタの耳に入ったりしたら


俺が殺される。
これはマジで。




コンタも知ってるからね。
コンタが森さんになれないこと。



森さん、ずっと俺と弾いてね。
絶対、口に出しては言わないけど。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Strikes Back
携帯で、整骨院のメモリーを呼び出す。
発信。


2コール目で神崎がでた。
事務的に予約希望の旨を伝え、時間とコースの確認を入れると
「あ、俺でもいいですか?」
なんて聞くから
なんだかS心がワクワクした。
「別にどうでもええけど・・・そちらさえよければ」
「そーですか、じゃお待ちしてます」
電話が切れた。


そうかそうか。
待ってんのか。
俺も楽しみだ。

腕のいい男【res:】
秋の足音も聞こえるこのごろだが、俺の腰はちょっとばかりご機嫌が悪い。
高校時代の激しいタックルと、ハーレーの振動と事故の衝撃で疲弊しすぎた俺の腰は、長時間の同じ姿勢と気温変化に弱い。
このところ残業続きで椅子に座り続けることが多かったせいか、それとも通勤にバイクを多用するようになったせいか腰の違和感が大きくなっていた。
目前の雑事にかまけてこういう不調を無視しているとアトでえらい目にあう。
経験ずみだ。
さっそく行きつけの整体に予約を入れた。
誰か俺を買いますか?(笑)【res:】
大好きな「おねぇちゃん」のトコでおもしろいのやってたから
やってみようかな、ってw


あなたのお値段鑑定します









『森爆弾』始末記【res:】
日曜。
演奏会の朝である。

俺は朝飯を食べないまま、すきっ腹にビールを二本あけて、チェロを抱きかかえていた。




ヨルくん、還る。【res:】
火曜の朝、タイムカードを押す直前にメールが入った。
「まぁこ」
いとこである。
そういえば天神祭に来るってばぁちゃんが言っていた。
内容を確認する間もなく、後ろからキャバリエ氏とモラルマモル副所長の明るい挨拶がきこえた。
その声に押されるように俺はタイムカードを押した。
どうせ、せっかちなまぁこのことだ。
今日天満に来るのか来ないのか、みたいなメールだろうと決め付け次に携帯をあけるまでその存在を忘れていた。
お見積り10万7825円也。【res:】
月曜のことである。

もうすぐ出るはずの初ボーナスでいよいよヤバいパソコンを買い換えようと思いたち(やっとカヨw)午後からコンタと梅田のヨドバシに出かけた。
まだ無資格だし大した額は出ないと見越して10万ちょいの安いヤツを物色した。
とりあえずの下見というやつだ。
携帯もそうだが、あまり最新式だと使いこなすのが面倒。
っつか機能がもったいなかったりするわけで。
俺はどっちかというとアナログ人間だが、コンタはそれに輪をかけてアナログ。
パソコン選定、明らかに人選を間違った。シンゴにすべきだったか。
全然わからん。
DELLのDIMENSIONあたりなら使いやすそうかな。
事務所もDELLだし。
などといいながら結局何も決まらずヨドバシをあとにした。
ウィンドウショッピングもいいとこだ。
イーマとヘップをうろうろし軽く食事をとる。
コンタは食事の間、液晶テレビAQUOSの亀山モデルについて熱く熱く語り続けた。
ごめん、コンタ。
俺オーディオにはうるさいけど見れるならなんでもいい派だから。
コンタがあまりに嬉しそうに語るもんだからちょっと可愛くなって、そんな水もささずに楽しそうなコンタに相槌を打ちながら食事を終えた。

店を出たのは午後8時すぎ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。