FC2ブログ
自分の中の両極を、自分の中のけだものを。 制御し飼い馴らす方法を探す旅。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンリーアルバート。
ども。

朝まで飲んでました。ちょっと飲みすぎレンジです。

っつかまだ酔っ払いです。

ダメダメ大学生です。

さっき急に発情してしまったダメダメ人間です。

コンタに電話して「セックスしよー」と言ったら

「おまえの酒が抜けてからな」と返されました。

ふんふん。

いいもんいいもん。

オナニーしちゃうもん。





さてさて俺がどうしてこんなに深酒してしまったかというと

友人の涙が酒の肴になってしまったからである。

この前1年ぶりにばったりツタヤで再会した友人、アルバート。

アメリカ国籍。

真実の意味でのアメリカ人。

彼はナバホ族の血をひくネイティブアメリカンなのだ。

彼とは18の時に知り合った。

俺の初タトゥー(最後になるかもしれないが)のデザインの原案をてがけた男である。

彫り師ではない。

本職?

さあ。

実はよくわからない(笑)







たぶん30代なかば。来日して10年以上たつというのに日本語はカタコト。

嫁さんが日本人で子供が二人。

元気か、ときくと、そうでもない、という。

何かあったの?ときくと嫁さんが出て行った、といった。

ああ。

そうだろうなぁ。そりゃ出て行くだろうなぁ。

オンナ癖は悪いし、金銭感覚はルーズ。

究極の刹那主義、というか「その日暮らし体質。」

宵越しの金はもたねぇ、ってオィ。

江戸ッ子かよ。

おまけに虚言癖がある。

インディアン嘘つきまくり、である。

溺愛していた子供まで連れて出ていったらしくかなり落ち込んでいる様子に、

また飲みにいこうよ、と声をかけてケイタイ番号を交換して別れたが

昨晩8時ごろ電話があって、飲みにこいよ、と誘われた。

というか

頼むから来てくれ、とせがまれた。





彼との会話は英語7割日本語3割。

ただし酔うと英語10割。

アルバートはビールを果てしなく飲み干しながら、

時々聞き取れない英語で、独り言のように

嫁さんと子供を恋しがり

自分の所業を悔い

ネイティブアメリカンの誇りを語り

その生きづらさを訴えながら

一晩中泣き続けていた。





これが飲まずにやってられっか(笑)





英語塾の講師をするんだ、と眠り際に彼は言っていた。

そしてちゃんと収入を得るようになったら嫁さんと子供を迎えにいくんだ、と。





好きなことだけじゃ生きられない。

誇りだけでも養えない。





現実はどこの国にいてもつきまとう。

それが真実。



こんな酒は辛いばっかりだ。もう真っ平ごめんなはずなのに

ついつい

またいつでも電話してこいよ、と安請け合いな俺。

お人よしな俺のことばに、うなづきながらまたアルバートは泣いた。







一応アルバートには「ジゴウジトク」ということわざの意味を教えておきましたが。



うう。

頭イタイ。

帰ってきてから部屋で飲みなおしたからかな。

自業自得ですな。







オナニーして寝ます。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。