FC2ブログ
自分の中の両極を、自分の中のけだものを。 制御し飼い馴らす方法を探す旅。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Please Eat Me【res:】
土曜の夕方にやってきたコンタは、流れていたCMをみながら呟いた。

「あー、なんかケンタッキー行きたい」

もちろん地名ではない。
俺だって行きたくない。どうせ行くならサンタフェだ。
彼が行きたいのはアメリカ資本のから揚げ屋である。
20周年だとかで最近よくCMを見る。
ようするに
ケンタッキーフライドチキンの6ピースパックが食べたい、ということである。

土曜の夕方、子供の声が目立つ店内で俺たちは無言でチキンにかぶりついた。
ついてきたペーパーナフキンはないよりマシ、というカンジでみるみる間に両手が汚れていく。
脂と肉汁。
そして唾液。
コンタが黙々とサイの骨をさばいていく。
ごり、と軟骨が小気味のいい音を立てた。
俺が見てることにも気がつかないで、コンタは子供のようにサイにむしゃぶりついている。
俺はドラムを食べ終えたところで手をとめた。
コンタの口元から目が離せなくなった。

かぶりついて
油でぬらりと光ってめくれあがる唇
軟骨をかみ落とす歯の動き
小さな骨を口に含んで身をこそげおとす歯と唇。
俺の週末モードの脳内モデムの変換機能はある意味優秀だ。
あっという間に脳下垂体が反応した。

ほらだってその濡れた唇でフェラチオしてもらったら気持ちよさそうだし。
その歯で耳の軟骨を噛んでほしいし。
唾液を絡ませて指を舐めて。
その咀嚼音だってキスの時に内耳から響く音に似てない?

気がつくとコンタがチキンにかぶりついたまま動きを止めて俺を見ていた。
俺はなぜかドキッとして目をそらした。
食欲を満たすためだけの空間で違う欲に浸っていた自分が少し恥ずかしかった。

コンタの鶏肉ごしの口元がニヤリと笑った。

ような気がした。
俺は愛想笑いを顔に貼り付けてポテトに手を伸ばしたが、俺の視線の先でコンタが。
銜えていた骨をゆっくりと口からひきぬいた。
俺にみえやすいように、唇を少し開いて。
舌先がその骨を追うように伸び、さらに骨をなぞった。
わざと。
ちゅ、と唾液が骨を愛撫した。

ジーンズの前がきつくなった。
痛い。
やめろコンタ。
こんなとこで。

コンタは綺麗に骨だけになった残骸をナフキンによけて、自分の油まみれの指を
俺の指にそうする時みたいにしゃぶった。
やめろ。
痛い。
でも声には出せない。
誰かが見ているかもしれない。
コンタのいやらしい行動を
俺の欲情した顔を。

俺がコンタから目をそらしたとたんコンタが小さく笑った。

「ナニ想像してんねん・・・」
「別に・・・・」
「ベツニ、やないやろ・・・そんなエロい顔して・・・」


コンタが笑って
また小声で言った。

「前に行ったホテル行こ?近いし。」






残りのチキンをテイクアウトにして以前行ったことのあるラブホテルへ直行した。
運転はコンタに変わってもらった。
運転なんかに集中できる状態じゃない。
パーキングで何組かのカップルと出会った。
珍しげに俺たちを見る。手をつなぐでもない、肩を組むでもない。
微妙な距離感。
そんな男二人は彼らにはどううつっただろう。
なんにしろ、その時の俺にはそんなことはどうでもよかった。
コンタはチキンのビニールを片手に鼻歌まじりで俺の一歩前を歩いている。
「なんや機嫌よさげやな・・・」
憎らしくなって毒づくとコンタは肩越しにチラリとだけ俺を見た。
「だってそんな丸出しのおまえ珍しやん?」


部屋にはいるなりコンタはKFCの袋をあけて、続き食おうや、とソファに座った。
なんやねん。
俺は内心苛立った。
もちろん勝手な苛立ちである。
デニムの硬い生地の下で、俺のチンコはもうマックスだ。
なんとかしたいねん、コレ。
俺がどういう状態かわかってるくせにソレか?
「ああ、そっか。座ったら痛いな」
コンタがチキンを片手に立ち上がって、テーブルの横で立ったままの俺の前に歩み寄ってきた。
そして動物に餌をやるような仕草でチキンを俺の目の前につまんでぶらさげた。
目の前でわずかに香る香辛料がまだ満たされていない食欲を刺激して俺はチキンに小さくかぶりついた。
間髪をおかずかぶりついた俺の唇を肉ごと食うように、コンタが横からかぶりついてきた。
肉。

俺の欲望を二つながら満たすつもりだ。
この男。



いろんなものがないまぜの感覚。
油でぬめった唇を唾液がさらに濡らして。
肉を噛み切って。
唇を貪って。


俺が咀嚼した肉なのかコンタが食いきった軟骨なのか。
俺だけでなくコンタの呼気も荒くなりはじめたころ、コンタがあいた左手で俺のデニムのフロントジッパーをおろした。
両手が開いていた俺がそのあとをひきついだ。
太腿の途中までデニムとボクサーパンツを一緒にひきずりおろすと、勃起しきったチンコが跳ねるように飛び出した。
コンタがそれをゆっくりと掴んで笑いを含んだ声で言った。
「そら痛いわな・・・・・」
軟骨を思うさま噛みくだいて。
歯をなぞって。
皮を乱暴に剥いで。
舌をなぞって。
コンタの手が俺のチンコを扱く。

あかん。

言ったつもりの声はいろんなものに遮られて呻きにしかならなかった。


けだもののようにコンタと1つの肉を食いながら、数分後俺はいとも簡単にコンタの手の中と特殊加工のフローリングをザーメンで汚した。
手を汚した油と唾液とそして俺のザーメンを丁寧に舐めながらコンタは脱力して壁に背中を預けた俺に歩み寄ってきた。
俺の太腿に押し付けられたコンタの股間はみっちりと硬かった。
顎を乱暴に救い取られて、唇を食われた。
コンタはまだ空腹なのだ。
そして多分俺も。


ゆったりとした、しかし寝るには少しばかり固いソファにコンタは座っている。
俺はソファ越しにコンタの背後からあおのいたコンタの口元に肉をぶらさげていた。
目の前の刺激的な光景にえもいわれぬ興奮を味わいながら。
時々俺の目をちらりと伺いながら俺の手からコンタは肉を貪る。
ローションでたっぷり湿らせた右手で勃起したチンコを不規則に擦りあげて。
俺が希望したシチュエーションではない。
「まだ食いたい。食わせろ」
コンタのそんなリクエストを聞いたまでだ。
コンタの口元に欲情しながら何度か仰のいたコンタと視線をあわせているうちにコンタが笑った。
「モノ食うって、こんなにエロかったっけ・・・」
そしてコンタの手は勃起したチンコを扱きあげはじめた。
「おまえにかかったらなんでもエロい・・・」
ほどよく暖房の効いた部屋、内から火照る体のせいで俺たちの上半身はすでに裸だ。
足首に絡みつくコンタのダメージデニム。
コンタの股間からは湿ったローションの音がぬちゅ、ぬちゅ、とくり返され、それに感化されるかのようにコンタの舌と唇と歯は大胆に音を肉と俺の指を食べる。
「なぁ・・・コンタ・・・どんなカンジ・・・?」
「アホか・・・チンコ見たらわかるやろ・・・」
そうだ。
確かに食べるという行為には栄養摂取以外の何かがあるときいたことがある。
咀嚼筋肉の活動が脳内のどこかに働きかけで何かの効果が出るらしいこととか。
詳しいことはよくわからない。
ただ。
たった今、この時点において、食べる行為は性行為に近しい。
コンタが摂食している様子にまたも勃起している俺がなによりの証拠だ
俺は肉を食い、コンタを食う。
コンタは俺を食い、肉を食う。
ただけだもののように。
コンタが今うまそうに噛み、舐め、しゃぶりあげる肉と骨はただしく俺のチンコであり指なのだ。
そういえば誰かにきいたことがあるのか映画で見たことがあるのか本で読んだことがあるのか。
恋人を殺して食った学生の話。
好きだから食った。
ひとつになりたかったから。
そんな出所が曖昧な記憶が突然、しかも強固に俺を捉えた。

仰のいたコンタの喉が嚥下の度に上下に動く。
それすらも発情対象。
コンタがサイを食べ終え、俺の指をしゃぶり終わるのを待って、俺はコンタの前に移動した。
コンタはまだ射精していなかった。
俺を目で追いながら、オナニーはやめない。
俺はローションを手にとるとたっぷりと右手に垂らした。
それを両手にこすりつけ、利き手の左はコンタのチンコへ。
そして右手は
自分のアナルへ。
ソファの上によじのぼり、コンタむかいあった状態でコンタを跨ぐ。
「んお・・・・れん、ちょっと早いんちゃう・・・?入れるの・・・」
「知らん。とにかく一回なんとかせな・・・俺どないかなりそや」
その証拠にローションの力をかりているとはいえ俺のアナルは俺の指3本、あっというまに飲みこんでいた。
4本入れば抵抗なくコンタのチンコは侵入可能。でも3本ぐらいの時に入れてもらうのが俺的にはちょうどいい。
異物感と圧迫感、そして痛みが自分が男であることを忘れないでいさせてくれる。
たっぷりとローションで濡らしたコンタのチンコをアナルにあてがって、コンタを見る。
「ええか・・・?」
「来いや」
コンタが笑ったのを合図に俺は腰をおろした。
ローションが空気を巻き込んでグズ、と音をたてた。
俺とコンタがほぼ同時に呻き声をあげた。
「やば・・・・っ」
コンタが俺の腰を抱きよせて支えながら苦笑いした。
「ゴム・・・つけてへん・・・気持ちよすぎ・・・」
「もぉエエって・・・抜くなや・・・」
俺はコンタの肩につかまりながら腰を振った。
コンタが俺の動きを抑えるように背中に手をまわして、次の瞬間俺は抱きしめられた。
そして次はキス。
俺の動きはおさえたくせに、コンタの腰は下から俺を突き上げ始めた。
んぐぅ、とキスの中で呻いたが、コンタは俺の体のどこも開放しようとしない。
肉を食うように、欲望丸出しのキス。
捕獲された獲物のように、逃げられない背中。
屠殺される家畜のように、抉られるアナル。
そしていつのまにか俺の勃起しきって我慢汁まみれのチンコを擦りあげはじめてた、でかい手。

好きだから食った。
ひとつになりたかったから。


体の奥にコンタのザーメンの放出を感じながら、俺も二回目の射精をした。
食うのも食われるのもこんな快感をともなうなら。
カニバリズム。
新しい倒錯への扉の鍵がこの手に。

そんな話をきりだしたのはコンタにテンションもあがりきった午前1時。
食うこととセックスの類似性。
セックスは捕食のようでは口唇セックスのようであること。
本当に好きな相手の肉を真実の意味で食い食われることがこんな快感を伴うなら、そして最終的にそういう方法をとらざるを得ない状況になったなら、俺はそんな罪を犯すことそれすら拒絶できないこと。
コンタは黙って聞いていたが、俺が話し終わると笑わずに言った。


「俺も同じよなこと考えてたワ・・・
れんがうっかり俺殺してしもたらついでに食ってくれんかなぁ、て・・・・」




・・・・目がマジでした。
コンタはこんな暗黒思考の持ち主ではなかったはずなんやけど。
一緒にいると似てくるもんかね。



あいにくと俺の曖昧な記憶のソースをコンタも知らなかった。
今ざっと検索かけてみたけどどうもみんな違う。
映画やったのかも。
シチュエーションはパリ人肉事件に似てるけど、俺の記憶の中で二人(食う側と食われる側)は合意してたし。
ご存知の方、ご一報を。





※パリ人肉嗜食事件(死体画像ついてます。心臓の弱い方ご注意。)
http://blog.shard.jp/yse2b2/article/1253.html


※関係あるようでないんだけど。
ケンタッキーフライドチキンをなんとか家庭で作れないかと試行錯誤する皆さんの努力が涙ぐましいスレ。みんな熱いなぁ。
これのおかげで記事の投稿が遅れた。
http://piza.2ch.net/cook/kako/982/982387581.html


※今回二回目ラブホ。ラブホっぽくないとこがいいが値段はすごい。
 この日はご宿泊その他でお支払い3万弱でした。
 ・・・まぁたまにやからエェか・・・
http://www.cahaya.info/index.html




















スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
■ぼん■かわいい時・・・そういえば昔メガネっ娘とつきあってた時、ラーメン食べる時とかかわいいと思ったwめがねくもっちゃってさ。

これって普通かわいいシチュとちゃうな・・・w

■アメミサ■変態はとどまるところを知らず・・・w俺の手にかかればなんでもエロ化しますから。ワンピースでいうと「エロエロの実」ってカンジで(をたネタ。)
アメミサ&シグの変人生活に刺激を与えられたようで幸いです。

■どんこ■ああそれよく言うよなぁ。根拠あったんだっけ?うわぁなんか気になってきた・・・w
結婚するとやっぱりいろいろ変わるんやろね。感情が微妙に。
・・・・子供は食べないでね・・・・(怯)

■アコさん■精神異常者!やった。精神科看護師のお墨付きもらっちゃったぁ♪誉め言葉としてありがたく頂戴しました。なんかテンションあがるなぁ。
なんかアコさんエェわ。
>何度も思い出して、泣きたいし
何度も思い出して、愛していたい。
ココ。
そういう愛し方もいいなぁ。ちょっとドキっとしました。
っつかこっそりのろけましたね?wさすが新婚。甘。

ちなみにエロでサイコです。両方です。

2006/02/28(火) 13:19:18 | URL | 恋児 #-[ 編集]
エロいんだかサイコなんだか…。
カニバリズムなんて言葉、俺以外の素人から初めて聞いたわ。
エロ以外でも精神異常者だったとは…。
まったく、どこまでも俺を惹きつける奴よ…。

俺の自論:
人はないものねだりを好む。
一つになりたいのに、一つになれないから何度も体を重ねる。
完全に一つになってしまっては、また別のものを求めてしまう。
だから俺は嫁さんが死んでも食べたくない。
何度も思い出して、泣きたいし
何度も思い出して、愛していたい。

ま、喰ったところで一つになれるわけでもないし
必ず後悔や嫌悪感が残るんだろうけどな。

ん~。話がズレたな…。
話をエロに戻そう。
俺は飯食うことに一生懸命だから、嫁が飯食うところなんてマジマジと見たことないな~。
今度じっくりと観察して、誘惑してみよっと~♪
2006/02/27(月) 14:41:41 | URL | アコギスト #-[ 編集]
フム。
確かに食する行為はドッチもにてるな。

肉体関係があるカップルじゃないと焼き肉やにはいてないという話を聞いたことアルしな。
やっぱし 肉を食らうってとこが 近いんだろうよ。
けど旦那が死んでも喰いたくない(( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

子供の方がうまそうじゃん?
2006/02/26(日) 10:41:34 | URL | どんこ #-[ 編集]
(´゚ω゚):;*.':;ブッ
新手のプレイですか!笑
ケンタッキープレイ・・・ぃや、ヘンタッキープレイと名づけよう゚(゚ノ∀`゚)゚。

ちなみに、昨日シグとケンタッキー屋を見掛けたら、二人でいきなり爆笑してしまいました。照(ハタから見ればただの変人。笑)
2006/02/25(土) 23:39:08 | URL | アメミサ #-[ 編集]
れんたんのお顔初拝み( o´-ェ-`o)ポッ
食べてる姿ってエロっぽくもなるし、かわいく見えるときもあるしwそのときの気分とかでかわるww
2006/02/24(金) 10:33:44 | URL | ぼん #-[ 編集]
■そら■哲学書と心理学書と行動学書をあわせて読めば多分謎は解けると思うけどきっとそらは勤勉さに欠けるから一生謎なままやろね・・・(失笑。)でもホント、佐川くんよく食ったねぇ・・・それもうまそうなトコばっかw

■沙羅さん■こんにちは、どうもはじめまして♪初コメありがとです★エロさが少しは伝わったみたいで嬉しいです、素直に・・・バイブ持参でケンタ行き、っていうのもなかなかオツかと・・・うはぁ。サラさん俺の大好物、「勝気系М」ですやん。これからもどうぞよしなに♪

■シグ■定番からはじめると抵抗ないかも。アイスクリームとか。冷たくて、でもそのゾクゾク感がたまんない。爽のアップル味で、是非(銘柄まで指定かよ・・・w)

■ゆか■画像・・・wあらら、ってカンジでしょ。日本では考えられない倫理観。でも俺はサイコ好きなのでとりあえず死体写真(惨殺含)は楽しく(不謹慎)見れる人種です。解剖学的に興味あるし。でも実際自分が解体するとなるとかなり常軌を逸した精神状態じゃないと無理かも。でも相手を殺しちゃう時点で常軌を逸してるか。あはは。
ゆかちゃんМだもん、そりゃキツいの好きやろなぁ。でもやっぱり濡れてる方が男としては気持ちいいわけで、(まぁ入れれば濡れるけどw)入れたい時は濡らしといてじらす。これが一番かも・・・(ちょっと妄想中。)

■傀儡さん■はじめまして、こんにちは。初コメありがとうございます★すげー嬉しいです。お仲間だ・・・(と思い込む自己チュー男)
弁頭屋。情報ありがとうございます。タイトルに覚えはないんですがちょっと調べて読んでみますねー。本当にこういう喉にひっかかった骨みたいな記憶ってヤですね。とれるまですっきりしない・・・またお越しいただければ幸いです♪

■ゆうこ■初コメありがとー★なんかすげーマニアックな部分に萌えを感じるあたり、確かに○女子の匂いが・・・・(笑)
唇なんかはセックスを連想させがちだけど、俺は実はコンタの肩甲骨に(特に)興奮します。フェチですね、一種の。あとはアキレス腱。いいんです、変態で(笑)

■きき■唇は第二の性器として認識されるらしいね。あれって行動心理学の分野かな?俺はぽってり唇が異常に好きなのだ。それもそう考えるとなんかエロいよね・・・w
でもアレだよ多分、食べることで細胞レベルで体に取り込まれていくわけやからまさしく「俺の血となり肉となり」っていう感覚じゃないかな。分割不可能な一体化。ある意味究極だよね。
ききの「人肉料理レシピ」か・・・・・汗。

■玲さん■永遠に忘れられない存在になれるのは確かですよね。彼の前で肉塊へと解体される。自我がなくなっても彼の血になって肉になって彼の体と記憶の中に生きる。
確かに究極の隷属。

2006/02/24(金) 09:01:19 | URL | 管理人:恋児 #0iyVDi8M[ 編集]
コメ多いなぁw
アタシには返信ええけど、これ読んで思い出したから、
コメ残してくわ。

アタシも確かにその最中には、
主にすみずみまで味わって欲しいし、
その美しい手でこのまま殺ってしまわれたくなる。
縛り・塞ぎ・締めて・このまま・・・。

この愛の時間の中で生を終えられるなら、
どれだけアタシは幸福だろうとね。想うw

食うことも欲。セックスも欲。睡眠も欲。
同じだと想うなぁ。
2006/02/23(木) 23:34:33 | URL | 玲 #-[ 編集]
ふむ。
普段から唇とかってKIKIは性器と認識しているのだけど。(笑
だから真っ赤な口紅とかいかにも・・なグロスとか付けてる女の子を見るとすごく照れてはずかしい気持ちになっちゃたり・・・Σ(ノ∀`*)ペチッ
そんな・・公衆の面前で欲情色・・・(*ノωノ) ・・・とかw(妄想?w

カニバリズム・・・本気で恋しちゃって愛しくなっちゃたらみんなそう思うのかな?
わたしも食べたい。食べられたい。
皮膚が体が分かれていることがもどかしい。
セックスでも足りないくらいひとつになりたい。
でも食べちゃったらまたひとりになっちゃうしね。そこが問題。思考もひとつになれるならいいけど。

コンタくんの「うっかり殺してもたら・・」で開眼。
うん。殺してまで喰おうと思わないけど、うっかり死んじゃったら食べちゃうかもしれないです・・w
2006/02/23(木) 23:11:07 | URL | KIKI #A9cyFz3c[ 編集]
掲示板にお邪魔させて頂いてるゆうこです。m(__)m

食べてる姿に欲情する・・・わかりますwェチなことには程遠い仕草でもェチに見えてしまうんですよね?不思議ですw

コンタさんとの会話今回もサイコーですw「ええか・・・」「来いや」←ここサイコーですw

はぁ・・・私って腐ジョ・・・自分で認めたくないところがあるのでこれ以上は言いませんw
2006/02/23(木) 16:14:54 | URL | ゆうこ #KPE40tuU[ 編集]
初めまして。
 どうも初めまして。かいらいというバイな♂です。
数日前からロムッ子させてもらってました。
今日はちょっと気になったことがありまして
書き込みさせてもらいます(何

 恋児さんがおっしゃっていた作品って
弁頭屋って小説じゃないでしょうか?
その中にあるお話しが似てたもので。
題名忘れてしまましたが;
 僕にはわからない欲求でしたけどね;
サイコ物としては楽しく読めました(何
2006/02/23(木) 00:13:32 | URL | 傀儡 #z1tC1.N6[ 編集]
ひとつになりたかったから。
うーん、分かる。
私は、食べたいし食べられたいって思います。
画像見てびっくりしちゃいました。
そのかわり、一滴も残さないで欲しいな。実際するとなると大変そうですが。

私もきついくらいのが好き。
体をこじ開けるように入ってくるときの感覚がゾクゾクしちゃいますw
トロトロに溶かされた後のも好きですけどw
最近、彼が指を入れてくれなくなったのは、
そんな私の嗜好が分かってきたせいかもって考えてしまいました。

2006/02/22(水) 22:52:49 | URL | ゆか #-[ 編集]
今度あたいもやってみよかなぁ♡
楽しそう(>_<)
2006/02/22(水) 22:39:57 | URL | シグ #-[ 編集]
もぉ困るなぁ・・
チキンを食べるコンタくんの描写がエロすぎ(笑)
今度ケンタに行ったら、アタシまで欲情しそうじゃない。

はじめまして♪
性格はSだけどベッドの上ではM(←聞いてないよっ!)の沙羅です☆
せつなすぎて、胸いっぱいになりながら一気に読ませてもらいました。
エロも鬼畜もバイも大好きなので(おい)また遊びに来ますね。
2006/02/22(水) 16:47:00 | URL | 沙羅 #eHP7HEy2[ 編集]
私も昨日考えてた。
食欲と性欲の類似性について。でも、そのことを考えていたのは、泣いてるとオナニーをしたくなって、それはどんな欲求とリンクしてるんだろう?と言う疑問から。

とりあえず、うまい答えは見付からなかった。

佐川君事件、詳しく知らなかったけど、記事読んで少々がっかり。私も好きな人のこと、食べたいって思う。・・でも、食べられたいとは思わない。(自分勝手?)


2006/02/22(水) 15:36:23 | URL | sora #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。